ホーム >  濤沸湖のご紹介 > 両生類・は虫類

生物を知れば、濤沸湖がもっとオモシロイ~両生・は虫類編

北海道に生息する両生類、は虫類には、本州以南と共通するものが多く、濤沸湖周辺でも、アオダイショウやシマヘビがごく普通に見られます。しかし厳しい冬の影響か、両生類・は虫類の種類は本州以南に比べて少ないといえます。

濤沸湖周辺で普通に見られるエゾアカガエルは、北海道でしか見られない種類のカエルです。

 

エゾアカガエル

エゾアカガエル  無尾目アカガエル科

学名:Rana pirica  英名:Ezo brown frog

体長4~7cm。濤沸湖畔では普通に見られる。メスの方がオスより大きい。体色は黒褐色から赤褐色。肉食性で、昆虫類、クモ、土壌動物を食べる。

ニホンアマガエル

ニホンアマガエル  無尾目アマガエル科

学名:Hyla japonica  英名:Japanese tree frog

体長3cm程度。背面の色は環境に応じて黄緑、緑、灰褐色などに変化。北海道から屋久島、種子島まで分布。濤沸湖畔では少ない。皮膚の粘膜には体を細菌から守るための毒が分泌されている。

シマヘビ

シマヘビ  有鱗目ナミヘビ科

学名:Elaphe quadrivirgata   英名:Japanese striped snake

国後、北海道、本州、四国、九州に分布。4本の縞模様が特徴。耕地や河川敷、草原、森林に生息。危険を感じると尾を激しく振るわせ、地面を叩いて威嚇(いかく)する。黒いものはカラスヘビとも言われる。