ホーム > スタッフブログ

スタッフブログ

 

 

湖畔の植物

管理者(2017年04月26日)|カテゴリ:植物

湖畔ではミズバショウの花が見頃を迎えました。

花のピークはゴールデンウィークの前半まででしょうか。

s-ミズバショウIMG_4676.jpgs-ミズバショウIMG_4665.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アズマイチゲ、エゾエンゴサク、アキタブキなどの花が目立っています。

キタミフクジュソウは実になってきました。

(アキタブキ)

s-アキタブキP4253306.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(エゾエンゴサク)

s-エゾエンゴサクP4253278.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(アズマイチゲ)

s-アズマイチゲ4253291.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(キタミフクジュソウ)

s-キタミフクジュソウP4253299.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(A)

 
 

湖岸にヒグマ

管理者(2017年04月23日)|カテゴリ:哺乳類

4月23日(日)、野鳥の会オホーツク支部の探鳥会が濤沸湖で行われました。

探鳥会開始から約一時間後「クマがいる!」との知らせを受けて白鳥公園に走りました。

望遠鏡を見せてもらうと、白鳥公園から約1㎞離れた湖岸(ワシ類がよく止まるポプラの

大木付近の湖岸)をヒグマが歩いていました。

ヒグマはゆったりと湖岸を歩き、間もなくヨシ原に消えていきました。

湖岸を歩くヒグマを見る機会は少なく、とても貴重な時間でした。

DSC_5760.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月21日(金)9時半頃、字実豊の道道明生北浜線沿いの畑に熊が出没したとの情報がありました。

同個体かどうかは不明です。

市役所、猟友会等による巡回を行い警戒を強めてはいますが、周辺を通行する際は、

鈴などでクマに自分の存在を知らせ、ばったり出会わないようにしましょう。

万が一、クマに出会ってしまったら。落ち着いてゆっくりその場を離れてください。

大声を出す、走る、近距離で撮影は大変危険です。

 

出没情報はセンター館内に掲示していますので、自然観察の前にご確認ください。

 
 

流氷戻る

管理者(2017年04月22日)|カテゴリ:気象

北浜周辺の海岸に沖合の流氷が戻ってきていました。

撮影はフレトイ展望台からです。

s-DSCN0133.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

濤沸湖にも流氷が潮に乗って入ってきました。

s-DSCN0163.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日気温が20度まで上がったので、流氷は解けてしまったと思っていました。

この時期に流氷が戻ってくるのは珍しいです。

 

<21日確認した野鳥>

ミコアイサ、ウミアイサ、オナガガモ、タンチョウ、オジロワシ、オオワシ、

オオハクチョウ、マガモ、ヒドリガモ、カモメ、ユリカモメ、シロカモメ、

オオセグロカモメ、オカヨシガモ、オナガガモ、ホオジロガモ、スズガモ、

ムクドリ、カワラヒワ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ダイサギ、ヒバリ、

ヒシクイ、キンクロハジロ、ヨシガモ、ダイサギ、アオサギ、コガモ、カイツブリ、

トビ、カワウ、ハクセキレイ

s-DSCN0165.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(奥に見える白い点はオオハクチョウ)

 

s-DSCN0158.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(オオハクチョウ、オナガガモ他)

 

 

最近のお知らせ

 

月別アーカイブ