りんご一個の重さやカロリーはどのくらい?3キロ5キロは何個入っている?

食べ物豆知識

 

こちらの記事ではりんご一個の重さやカロリーをご紹介しています。

りんごの美味しい季節になってきましたね。

わたしはりんごを使った料理が大好きでよく手作りのおやつやサラダなどの料理に使っています。

りんごの旬の時期になると、お徳用パックで3キロ5キロと沢山売っている場合がありますが、だいたいどのくらいのリンゴのが入っているのか計算してみましたので、参考になると嬉しいです。

りんご一個の重さはどれくらい?

りんご一個の重さはどれくらいなのか実際に測ってみました。

今回使ったりんごは縦約9㎝、横10㎝のシナノスイート。

シナノスイートは甘くて1歳の娘も大好きです。

わたしの買ったりんごの重さは198gでした。

ちなみにシナノスイートの平均的な重さは300g~400gなのでわたしが買ったものはけっこう小ぶりなもののようです。

りんごの大きさはそれぞれ違うのですが、全国的な平均の重さを調べてみると、りんご1つあたり約300g~400gが一般的な重さのようです。

 

りんご3キロと5キロと10キロはそれぞれ何個入っている?

お買い得なりんごのまとめ売り。

3㎏、5㎏、10㎏の場合はそれぞれどれくらい入っているのでしょうか?

大手通販サイト楽天市場のまとめ売りの場合で見ていきます。

りんご3キロの場合

こちらのショップでは約8~13個入っているようです。

また、こちらのショップでは約8~11個入っているようです。

他のショップを見ていても同じ感じだったので、およそ8~12個入っているのが平均的なのかなと思いました。

りんご5キロは何個入っている?

5キロの場合ですが、こちらのショップでは約13~22個入っているようです。

また、こちらのショップでは約14~23個入っているようです。

他のショップを見ていても同じような感じだったので、およそ13~23個入っているのが平均的なのかなと思いました。

りんご10キロは何個入っている?

10キロの場合ですが、こちらのショップでは約22~46個入っているようです。

また、こちらのショップでは約28~46個入っているようです。

10㎏になってくるとだいぶ沢山の量が入ってくるので個数も差が出てきます。

その他何個かショップを見ていての平均的な数は、およそ25~46個入っているのが平均的なのかなと思いました。

以上、一般的に売られているりんごのまとめ売りの重さ別に何個入っているのか見ていきました。

りんごの重さや大きさはそれぞれなので参考程度にご覧ください^^

リンゴ1個のカロリーや糖質は?

リンゴ1個のカロリーや糖質を見ていきましょう。

300gのりんごで見た時、1個のカロリーは約183キロカロリー。

糖質は約42gほどになります。

183キロカロリーというと、食パン6枚切り1枚と同じくらいのカロリーです。

糖質は食パン5枚切り1枚くらいに値します。

りんごの品種別の重さ

りんごの品種別の平均的な重さを見ていきましょう。

ふじ

蜜が入ってとっても甘くて食感の良いふじ。

子どもも大好きですよね。

ふじの平均的な重さは約300g~400gでした。

世界一

りんごの中でもとっても大きい世界一。

初めてこのりんごを作った農家の方が「世界一大きいりんごだ!」と言ったのがきっかけで「世界一」という名前がついたそうです。

世界一の平均的な重さは350g~800g。1㎏を超えるものもあるそうですよ。

その名の通り一般的なりんごよりもだいぶ重いですよね!

紅玉

酸味の強い紅玉ですが、その酸味を活かして、調理にもお菓子作りにも重宝されている品種です。

紅玉は少し小さめのリンゴなので平均的な重さも約200g前後と小ぶりです。

ジョナゴールド

食べ頃になると皮からロウ物質を出すのでベタベタしてきます。

ジョナゴールドの平均的な重さは300~400gです。

りんご一個の重さやカロリーはどのくらい?3キロ5キロは何個入っている? まとめ

りんご一個の重さやカロリー、お買い得なまとめ売りの場合の重さを見てきました。

りんごって、常温でも2週間ほど、冷蔵なら2~3か月持つものも多いのでとても保存しやすいです。

また、カリウムや食物繊維、ポリフェノールなども豊富に含まれているのでぜひ積極的に食べていきたい果物ですね~!

タイトルとURLをコピーしました