当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

バレンタインでシュークリームを贈る意味!お菓子言葉は何?

季節の事

 

2月14日、通称バレンタインデー。

プレゼントとして渡すスイーツ一つ一つにはそれぞれ特別な意味があることはご存知でしょうか?

例えば、「シュークリーム」が持つ意味を知っていますか?

それは大好きな人へのプレゼントとして適切なのでしょうか?

また、バレンタインデーにふさわしくないとされるスイーツについてもこの記事で紹介します。

特別な人への贈り物を選ぶ際の参考に是非お役立てください。

シュークリームを選び出すバレンタインの象徴性

バレンタインデー、つまり2月14日は、もともとはキリスト教の聖人バレンティヌスを讚える日として始まりました。

3世紀のローマでは、バレンティヌスは兵士たちに対する恋愛や結婚の禁止令に反対し、その結果、王の命令で死刑にされました。

彼のその行動は勇敢な愛の象徴として称賛され、彼が処刑された日である2月14日を「聖バレンタインの日」とする伝統が生まれました。

この日は以来、「愛を祝う日、バレンタインデー」と広く認知されています。

海外では男性が女性に花を贈る風習がありますが、日本では驚くことに、一部のチョコレートメーカーが「バレンタインにはチョコレートを贈ろう」というキャンペーンを推進した影響で、女性から男性へチョコレートを贈る習慣が一般的となりました。

時が経つにつれて、さまざまな形のギフトが広まり、今日では多種多様なスイーツやプレゼントがバレンタインに贈られるものとして常識となっています。

実は、贈るスイーツによっては特定の意味がつけられることがあるのをご存じでしょうか?

具体的な起源ははっきりしていませんが、それが伝えられるだけで、花言葉のように信じられている人も多いです。

そんな中、今回の話題である「シュークリーム」の意味は何でしょうか?

実は、驚くことに「特別な意味はない」とされています。

ロマンチックな含意があれば良いのですが、残念ながらそうではありません。

しかしその一方で、不吉な意味もないので、好きな人にシュークリームを気軽にプレゼントすることができます!

シュークリームとはフランス語で「キャベツ」という意味があります。

自分で作る場合、クリームの種類にはカスタード、ホイップクリーム、チョコレートクリームなどがあり、フルーツを挟むのも一つの方法です。

また、抹茶やココアを混ぜて色とりどりにしたり、ナッツをトッピングするとバレンタインらしい豪華なシュークリームに仕上げることができます。

シュー生地をハート型に焼くのも良いアイデアでしょう。

また、たくさんのプチシューを作り、それを積み上げてタワーにするのも、素敵なアイデアです。

バレンタインデーに贈らないほうが良い菓子とその理由って?

シュークリームなどはバレンタインデーの贈り物としてぴったりのスイーツですが、逆に贈らないほうが良いメッセージが込められた菓子も存在します。

今後のために、バレンタインデーに適さない菓子の一部を覚えておくと良いかもしれません。

さらに、これらのアイテムはホワイトデーのお返しとして贈られることも多く、同じようなメッセージを伝えますので、覚えておくと便利です。

しかし、多くの男性はこのような細かい意味にあまり気を使わないかもしれませんね!

バレンタインギフトとして不適切だとされるスイーツ①マシュマロ

マシュマロをプレゼントすることを避けるべき理由は、「あなたのことがもう気にならない」という伝言を送り出す可能性があるためです。

通常、マシュマロがすぐに溶け消える特性から、「忘れ去りたい」「消え去ってほしい」という感情を示す象徴とされています。

ただし、全てがそうだとは限りません。

ホワイトデーの始まりとされる石村萬盛堂は新聞広告を通じてこれらの解釈を否定しました。

彼らは、マシュマロの贈り物は「あなたからもらったチョコレートを優しく包み込んでお返しします」という温もりあるメッセージだと主張しています。

しかしながら、バレンタインデーやホワイトデーでマシュマロを避けるべきである、という考え方は広く知られています。

それゆえ、贈り物を受け取る側もこの背景を理解している可能性が高く、ギフトを選ぶ際は慎重になるべきです。

もちろん、チョコレートのトッピングとしてマシュマロを用いたり、スモアとして楽しむのは美味しいですが。

バレンタインギフトとして不適切だとされるスイーツ②:グミ

バレンタインの贈り物でグミを選ぶのは避けた方が良いでしょう。

その理由は、「私はあなたを好まない」との含みがあるとされているからです。

しかし、この考え方がどこから始まったのかははっきりしていません。

グミは一般的によく噛み続けて食べます。

そのため、「噛む」という行為がギフトとして贈られると、受け取った人に対してネガティブな印象を与えるとも言われています。

バレンタインギフトとして不適切だとされるスイーツ③:クッキー

信じられないことかもしれませんが、理想的なギフトとされるクッキーも、贈る相手や状況によっては避けるべきであると言えます。

クッキーをプレゼントすることは、「友情を大切にしたい」というメッセージを送る行為なのです。

これは友人へのギフトや義理の贈り物には最適な選択ですが、恋人や気になる人に対しては、あなたの気持ちが理解されない、あるいは誤解される可能性があるのです。

お菓子作りを始めたばかりの人にとってはクッキーは手軽な選択ですが、贈るメッセージの意味には特に注意しましょう。

まとめ

本記事では、バレンタインデーにシュークリームを贈り物として選ぶという習慣について詳しく説明します。

通常、バレンタインデーは愛情を表現する特別な日で、特に海外では男性が女性に花を贈ることが主流です。

一方、日本では女性が男性に甘いギフトを贈るという伝統が広く知られています。

これは過去のチョコレートメーカーの広告キャンペーンがその起源と言われています。

シュークリームは特別なメッセージを伝えない一方で、他の甘いものは違う意味を持つことがあります。

たとえば、マシュマロやグミは「あなたを嫌っています」を表現するアイテム、クッキーは「友人としてこれからもよろしく」という意図を示すなど、具体的なメッセージを伝えることがあります。

この情報が皆様のギフト選びの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました